• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトルにあるとおり、こちらのページに、JKK東京の各物件周辺地域の持家比率や世帯人数について、平成22年国勢調査の結果を元にまとめました。

持家比率については、周辺地域がいわゆる住宅地であるか否かを判断する材料になると考えられます。ストリートビューや地図を確認することで状況は把握可能だと思いますが、参考としてください。

また、世帯人数については夫婦世帯が中心か、子供もいる世帯かを判断する目安になると思います。年齢構成についての情報は取得していないため、子育て世帯かどうか、高齢の両親その子息が同居している可能性もありますが、一般的には二人を超える世帯が多く占める地域については、子育て世帯が多いと考えて良いと思います。こちらも参考としてください。

当然のことながら、都心部の持家比率は低い結果がでおり、中でもトミンハイム台場周辺は100%公団物件という状況になっています。光が丘や、多摩ニュータウン周辺も似た状況になっています。

世帯数については、全体的に公団世帯は周辺世帯よりも人数が多い状況となっており、相対的に収入が限られている若い子育て世帯が公団に入居しているケースが多いといえると思います。

よろしくお願いいたします。